就学前の軽度発達障害をもつ子どもと、毎日過ごしています。見た目はADHD。診断はアスペルガー症候群・高機能自閉症。ボーダーに近いからこそのいろいろな日々を、きっといるであろう同じような思いを抱いている方と、話ができれば。。。きっと私のためにあなたのために子どもたちの未来のために^^
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
最近の療育の様子☆
JUGEMテーマ:軽度発達障害児

最近、なかなかブログを書くことができません><
仕事とかに夢中になって、向き合うことから逃げている・・・とも言います、きっと。
なので、今日は書き溜めていたことを、ざ〜っと書いています。

あまり丁寧な記事じゃなくて申し訳ありません><

さて、昨日は朝からいつもの病院の心理☆
夕方は肢体不自由施設の療育☆と
二つ行って参りました^^

どちらも春からの先生ですので
長男の様子を伺いながらのカリキュラムです。


心理☆では
時計の絵で、時間の流れに沿って何をしていくか確認してから
静→動の活動をして下さっています。

昨日は
〔堆
▲僖撻奪箸鬚弔ったソーシャルスキルトレーニング
E匹蠅┐六間の都合でお休み
こ本の読み聞かせ
ゼ由
 長男が持っていっていたサッカーボールでの遊び
 箱庭用の砂をヘビなどのフィギュアにかけて好きに遊んでました^^;

の1時間☆

気になった点はやはり・・・ソーシャルスキルトレーニングです。
今までは、描かれた絵やカルタを見て、場面ばめんでの適切な会話を当てていく・・・といったものでした。
昨日は初登場☆パペットマペット^^かえるちゃんとうしくんです。

場面は、『お友達が遊んでいるおもちゃで遊びたい時、どうするか』。
長男が毎日トラブルを起こしやすい場面です><

『こんな時、何といいますか?』
との先生の問いに
長男常に・・・『Why?What?』みたいな手のポーズ><

わかっていないわけではない、きっと。
でも、自信を持って答えれない何かがある場合、長男は口をつぐむ・・・。

そんなの2、3歳の子どもでも繰り返し学習してると思うし
毎日伝えてることなのに
やっぱり苦手なんだな〜ということがよくわかる。

これ、同様の場面での絵カードなどで示された時も同じで、
口をつぐむ・・・。
答えの候補を3つくらい出してもらうと、正解を選ぶことができるのだけれども。

どうしてでしょうか・・・?

妹は絶対『は〜い』と手を挙げて得意げに回答しそうな問題なんだけどなぁ。。。

何度も注意しすぎて、苦手意識ができてる???
そういうものでもないし、対人関係の基本だと思うのですがね・・・

苦手な質問の時は、椅子の前足を浮かしてバランスとったり
余計落ち着きがない。

そういう所がどうして苦手か、どうすればよいかは追々考えたり学習するとして
やっぱり苦手なんだなって再確認できた所に、私は一つ良かったと思えました。
だって第7反抗期?母も疲れるもの。。。


夕方の療育☆
は動→静のカリキュラム

.棔璽襯廖璽襪妊掘璽詆佞離棔璽襪鯀椶好廛船押璽
感覚統合訓練室での力を使った遊び
自分の名前を書く練習
だ泙蟷


ここでは、言われた通りに動く☆ことがちょいちょいできず、あまりある元気と
意外な行動で出る。。。
ルール・順番などじゃなく、おもむくままに動く傾向や
自己流の活動を通そうとすること・・・
そういうのが見ててわかる。
何度も先生と苦笑いするのだけれど・・・
実際どう受け止めておられるのでしょうね^^;

いつもそうだけれど
成長を伴っても尚、一見普通☆に見える長男のちょこちょこ困る行動が
やっぱりグレーゾーンだなぁと、私は思うしかないところ・・・
そこがいつも中途半端で、かつややこしくて。

きっと、療育は子どもの為だけならず親のため。
私も学んで発見して、日々の工夫をしていかなくちゃと思います。。。







発達への工夫 comments(1) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^
Comment








管理者の承認待ちコメントです。
from. - | 2009/05/26 11:20 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fuwarifunwari.jugem.jp/trackback/123
<< NEW | TOP | OLD>>