就学前の軽度発達障害をもつ子どもと、毎日過ごしています。見た目はADHD。診断はアスペルガー症候群・高機能自閉症。ボーダーに近いからこそのいろいろな日々を、きっといるであろう同じような思いを抱いている方と、話ができれば。。。きっと私のためにあなたのために子どもたちの未来のために^^
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
『おなかがいたい・・・><』
JUGEMテーマ:健康
JUGEMテーマ:育児
 

1週間のうちの半分以上、長女の『おなかいたい〜』が始まります。

ベッドの中で目を開ける前から始まる日は重症・・・
ご飯もほとんど食べられず
何とか登園までこぎつけて
保育室の前へ降ろすと・・・

涙が消えます

普通にしゃべってます

『がんばってきてえらいね〜』何てほめてもらえばてき面。




母の1時間超の
迷いと悩みと気遣いと思いやりは何だったの・・・




お迎えに行った時も超ご機嫌
先生にいっぱいおしゃべりしてご満悦。


う〜ん。
また愛情不足って感じの目で見られたよぉ。。。母へこむ。







そんな感じの毎日で、ほんと私も心が疲れてきてる様子で、
今日はひどく痛がったら病院に行って相談しよう!と(長男が発達を診てもらっている先生に)
思っていたら

今日は案外すんなり登園してくれました^^
『おなかいたい〜』も数回軽く言ったのみ。

拍子抜けですが
きっと
今日は春からの学童保育の説明会で
幼稚園に夕方行こうねって伝えていたので
そちらの楽しみ〜
が勝ったのでしょう。


今日の楽しみは
明日への疲れとなります。。。
明日は覚悟しなきゃいけないかもしれない・・・





長女(5歳)の腹痛・・・
度々重なるのでちょっと困ってしまいまして
ちゃんと紐解くことにしました。

いつ頃から・・・
 年少さんの頃から、時折行きたくない波がきます。。。

どんなときに・・・
 特に思い当たることが見当たらないことが多いですが
 前回はマラソン大会前だったし
 行事ごとや新しい何かがあることが多いですね。。。

どんな風に・・・
 『あたまがいたい』の時もあります
 ぽろぽろひたすら涙をながします。

対応・・・
 当初は、思い切って1週間くらい休ませたことも。
 休日は思い切り構って楽しく過ごすように・・・
 でもそれがかえって逆効果で
 週明けや翌日は
 余計ややこしくなります。


それが、気分やストレスが原因であるだろうということは
普段の彼女を見ていれば推測できるのですが

本当に風邪をひいた時や
怪我をした時との鑑別が
また難しくて対応に困ります。。。

それで、HPやブログなどを含めて
いろいろ検索してみたのですが

予想を超えてはるかに、子どもの心因性と思われる腹痛のケースが
多いのです。


まず
 
朝から
 休むことが決まるか 午後まで
 夜は元気

そんな所の特徴や
 性格特性や、ストレスとなるもの(本人は楽しくてもストレスとなることも)

 4〜6歳に多い



全てが同じケースが沢山ありました☆



しかも、学童期〜思春期〜と
不登校などとつながる要素が・・・

そこまではまだ考えてなかったのですが^^;




心因性の腹痛は
起立性調節障害や
自律神経失調症
過敏性大腸症候群
など、いろんな疾患名と手をつないでいる状態で

長女の腹痛は
『仮病』ではないということがまず明らかになったなと
思いました。

『仮病』=うそつきみたいなイメージで嫌ですし

何より
『おなかいたい〜』と必死の訴えを
疑ってかかるのか
『そっか痛いね><』と
共感するのかでは
大きな差と思います。

私には的確な判断はできません。

が、
私の子どもの頃と似ていることや
妙に過敏な娘の感性や
いろんなことを含めると
心に原因があるという見解になります。


子どもにはよくあることかもしれません^^

でも、できるだけ後々辛い思いをしなくていいように
どう対応したらよいか
・・・そこが知りたいところなのに
そのあたりについて詳しく書いてあるものが
見つからないのです><

これから、卒園・入園などで
長女はぐんとストレスを受けやすい季節となります。

ですので
一度病院へ行って
よい対応方法を教わったり
何か楽になる手立てを教えてもらえないかと
思ってます。
(ついでといえば何ですが、やっぱり自閉傾向もチェックしてもらわなきゃいけないかな)


また報告いたします☆

何かいい情報をお持ちの方は
ぜひぜひ教えてくださいね。



 
こまったこと comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fuwarifunwari.jugem.jp/trackback/129
<< NEW | TOP | OLD>>