就学前の軽度発達障害をもつ子どもと、毎日過ごしています。見た目はADHD。診断はアスペルガー症候群・高機能自閉症。ボーダーに近いからこそのいろいろな日々を、きっといるであろう同じような思いを抱いている方と、話ができれば。。。きっと私のためにあなたのために子どもたちの未来のために^^
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
視覚を活かした学習方法
JUGEMテーマ:育児
JUGEMテーマ:軽度発達障害児

今年、長男は1年生☆

大丈夫かなぁ・・・
 




全てにおいてよい成績を☆とは思わないけれど
学ぶって
わかるって
楽しいって
思ってくれたらいいな〜と思っています。


最近発達検査を綿密にして頂いたわけではないので
わかりませんが
今までのところ長男のIQ DQらしきものは
ちょうど実年齢並み。

母は
ほとんど勉強をさせたことがありません><ので
ほんと、どう転ぶかわかりません。




私は
とっても優秀な子☆・・・ではもちろんありませんでした。

今となって言えることは
自分に自信がある時、もしくは目標がある時は
結構いい成績☆

自分に自信が無いとき、学習以外で興味がある何かがあった時は
はちゃめちゃな成績



ほんわかりやすい子だったんだなぁ。。。と今振り返ると思います^^;


幼い頃のことは覚えておりませんが
一旦社会人を経験してから
看護学校に通ったときのことは
よく覚えています。

その時は目標がある☆ので

ですね。


結構・・・実は不真面目な生徒でした^^;
必要と思う科目
必要と思わない科目

への
取り組みが全く違っていて・・・


例えば体育とか物理とか英語とか
近隣の大学からバイトで来られているような・・・
院生のお話は 休むか眠っているか><

一応生計をたてるために
バイトをしてるので
もう体力的にもいっぱいいっぱいだったんですね(言い訳




でも・・・
単位は当たり前だけど
取らなきゃいけない。
しかも、不真面目な生徒だとばかり思わせててはいけないので




試験前になると
友達に借りたノートをコピーしまくって
1日くらい必死で勉強するのです。



なので・・・
なぜか寝てる私が
クラスでTOP☆ということがよくありました。



それって
ただ、ただ私が『努力家』だからだと
思っていたんです。

みんなも同じように努力したら
同じだよと^^




そんな感じで、何とか学生生活を切り抜け

(実習ではあれ?という場面がありましたが、それはまた後日)

就職試験と国家試験をクリアしました。





それが・・・数年前のことです。

再就職先の同僚の娘さんが
看護学校に入学されるとかで
沢山、参考書などなどをあげた時のことです。

こういう勉強の仕方をするんや〜

と言われたのです。




?変わってるかな???
ま、いいか。




そう思って流していたのですが

最近、自分がアスペだと確信してから
ふと、その事を思い出しました。




私は
いつも基本的に
書いて覚える』という事をしていました。


暗記をしないといけないようなことは
なぐり書きでもよいので
とにかくとにかく
何度も紙に書いて覚えます。


単なる丸暗記で無理なことも・・・
やっぱり書きます。
表やグラフ、→やじるしにいたるまで
そして絵も
(たとえば解剖学では心臓や各臓器全て 何回もなんかいも)
よく書きました。



例のびっくりされた参考書や辞典にも
とにかく
書き込みかきこみ、アンダーラインに蛍光マーカー。

何度呼んでもその都度書き込みをするので
大切なことがだんだんわかってくる☆

本人は思ってたのですが・・・




きっと

書くことで

得意な視覚優位☆を強化していたのではないか・・・

そんな風にふと気づきました。


誰でも聞いて覚えることは
苦手だと思うんですよ^^





でも・・・

考えてみれば
テストの問題をとくことも
いろんな話をすることも

画像になって
記憶の引き出しから出てきています・・・



今になって
そういうことか・・・と。




それと、そんな風に勉強方法を人に聞かず
ひたすら
我が道☆だったこと。

それは
こだわりというか


0か100



という
アスペさんそのものの頑張り方だったのではと
今は思っています^^


ちなみに
子どもの頃
その頃ではまだ珍しいパソコンを使って
九九の暗記を
先生がして下さったのも

一番☆でした^^


あぁ〜おぼえられない><
おぼえてくれない><
と悩み中の

お勉強中のアスペさん☆

試してみてくださいね。


そう、視覚に働きかける っていうのは
何も
見る・読むだけじゃないんですね^^;

書いてみたものを自分で確認することは
とっても大きな記憶になるのかもしれない☆


そんな事がいいたいがために
長い文章になってしまいました><

お付き合いくださったみなさま
ありがとうございます


話を最初に戻しますが・・・
私もこの経験を
長男に活かせますように☆









発達への工夫 comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^
Comment








道路地図さんの記事
とってもとっても参考になりました☆

そう、学習への意欲を
自分の生活にターゲットをしぼって
がんばらないといけません。。。。

ADHDの人は
苦手なものが多すぎる・・・とyou tube動画でありましたが^^

私ももっと自分を探求したいと思います^^
from. na*no | 2010/03/08 13:16 |
人それぞれ、得意なことは違いますものね。
見て覚える、聞いて覚える、書いて覚える。。
自分が得意な方法に早く気がつけば、その後が変わってくるのでしょうね。
いまだに自分の得意な方法が見つかってない私ですが、少なくても
苦手なことはだいぶ分かってきたので対処法を検討しています。

基本的に、勉強が嫌いだったので何をやっても覚えられませんでした(笑)
from. 道路地図 | 2010/03/08 04:33 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fuwarifunwari.jugem.jp/trackback/136
<< NEW | TOP | OLD>>