就学前の軽度発達障害をもつ子どもと、毎日過ごしています。見た目はADHD。診断はアスペルガー症候群・高機能自閉症。ボーダーに近いからこそのいろいろな日々を、きっといるであろう同じような思いを抱いている方と、話ができれば。。。きっと私のためにあなたのために子どもたちの未来のために^^
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
小1プロブレム
JUGEMテーマ:育児
 
今朝の『とくダネ』で
愛子さまの不登校問題から
小1プロブレムに着眼して
特集☆が組まれていましたね。

そういえば
『小1プロブレム』って・・・

と思って

もうすぐ小1の子どもをもつ母は
急いで取り掛かりたかった仕事も後回しにし
じっくり見てしまいました。

そういえば
『学級崩壊』という言葉も聴いたことがありますよね


愛子さまの件

皇室という場所、学習院という場所だから
また難しく、簡単には言い表しにくいことなのでしょうが

ただ・・・

乱暴な子どもはどこにでもいるもので

すごくごくごく一般的な言葉で言い表わされる報道に
なんだか違和感を覚えておりました





その一見加害者に見える子どもにも
もう少し配慮してあげてほしいです。。。

それを安易に
小1プロブレムとくっつけて理解しようとするのも
何だか違和感があります。


そもそも

小1プロブレムとは
授業時間中に私語が絶えなかったり、歩き回ったりと、小学1年生が集団生活になじめず、担任が学級運営に苦労するというような一連の問題

をいうのだとか。




うちのように
毎日発達の問題
向き合っているような人には

多分、

AD/HDなどの軽度発達障害を持った子ども達の
離籍などなどの問題行動に
周りの幼い子ども達が乗っかってしまった現象・・・
かな

なんて
思われているのではないでしょうか?(私だけだったらごめんなさい




阿部俊彦先生の言葉をお借りすれば
発達障がいをもつ子の周りにいる要注意人物のタイプとして

〔簑蟾堝阿鮨浸をする子(模倣犯)
△錣兇隼彪磴垢觧辧陛慧─
1討妊灰鵐肇蹇璽襪垢襦扮討了蔑疆磧
ぅ肇薀屮襪魎待する子どもの集団(ギャラリー)
が、それぞれある意味うまく関連しあって、助長した結果
クラスがとんでもない感じになってしまった・・・状態><


問題行動を起こす子ども達の資質を疑うのも一理あるかもしれませんが


原因は・・・そこだけでしょうか?






うまく言えませんが
何だか納得できません



いや・・・うちの子は問題行動を起こす可能性を沢山持っている子どもですので
特に思うのですが
生まれ持った資質を否定せずにいてほしいな〜と
思ってしまうのです。


幼い子ども全てが
心に傷を負いませんように


両陛下は、
この問題に関連する愛子さま、学校、一般の児童について、
「いずれかが犠牲になる形で解決がはかられることのないよう、十分に配慮を払うことが必要ではないかと思う」とコメントされたの事






おまけ
↓こんなものがありました。
文部科学省の小1プロブレムについての議事録





最近、
どうも文章の組み立てが難しく
わかりやすい言い回しができないこと
お詫び申し上げます






何となくですが
何でも『問題』『問題』と問題視しないでもよいものも ある気もしますね
英語にしてカタカナにしたプロブレムは・・・意味をやわらげたのでしょうか
- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fuwarifunwari.jugem.jp/trackback/140
<< NEW | TOP | OLD>>