就学前の軽度発達障害をもつ子どもと、毎日過ごしています。見た目はADHD。診断はアスペルガー症候群・高機能自閉症。ボーダーに近いからこそのいろいろな日々を、きっといるであろう同じような思いを抱いている方と、話ができれば。。。きっと私のためにあなたのために子どもたちの未来のために^^
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
明日は診察してもらいます
 

もうすぐ卒園式

そして入学式・入園式と続きます。


最近不安に思うことが多くて
特に長女><

まだ、登園時の不安が消えません。
通常は年少さんからは
門の所でママに行ってきますして
一人でクラスまで歩いていくのですが

年中の最後になっても
クラスまで到達できる率は10%に満たない

クラスの前まで行っても
涙で手を離してくれないことがしばしばなのです。。。

今日も・・・
お友達みんなに囲まれて
『どうしたん???ママがいいの???』

まるで年下の子どもに優しく言うみたいに
言われてる娘・・・

先生が出てきて
促す言葉をかけて下さるまで
手を離しません


大粒の涙がぽろぽろぽろぽろ




最近春からの通園通学に備えて
気候もよいし
子どもたちが希望するので
歩いて登園しています。

片道10分弱でしょうか。。。


雨上がりのかたつむりを捕まえて持っていったり
今日は我が家で満開の水仙の花を一輪
ばーちゃんに切ってもらって
歩いていきました☆




かなり順調な滑り出しだったはずなのに
通園路中盤で
『おなかがいたくなってきた・・・
と言いだしました。

うちに引き戻すのも
園にいくのも同じくらいの距離だったため
早く行こう☆行ってトイレに行こう☆

手をつないで大急ぎで行きました。


思ったより風が冷たかったので
冷えておなかが痛くなったのだろうか
それとも
朝にトイレに行くタイミングがずれたのだろうか

いろいろ考えながら


一応送り届けて先生にバトンタッチし
泣きやむ気配を見届けた上で


日中いろいろと考えてました。


長女は夫経由の遺伝と思われる
過敏なおなかの持ち主なので

食事をするとすぐおなかが動いて
痛くなり
食事中にトイレにいくこともよくあります。

保育園ならまだしも
通園に1時間近く歩いていく中で
途中でおなかが痛くなったら
どうしたらいいのでしょう><


幼稚園はまだよくても
小学校になると
自由にトイレに行けるわけでもないし
プレッシャーや気分をマイナスにもっていってしまう
要因にもなりかねません。


長く小児科外来で助手をしていた
義母に
相談しました。

義母いわく
夫は『腸炎を幼いころおこしてから割と過敏な腸になった』(それはたまたまのタイミングでは?)

「病院で、急性腸炎・下痢などの子ども以外は整腸剤を出してもらってるようなことは
まず見たことがないけどな・・・」と。


私は
整腸剤などで腸内環境を整えたら
もしかしたら、腹痛のちょっとは抑えられるかもと安易に考えたのですが
そういう事例はないのかぁ。。。と。


母としては
一応考えるのです。

もしかしたら
おなかを急激に動かすような
脂質が悪いなら脂肪が多そうな食事は減らしたらどうだろう・・・とか。


だって
大人だって
大事な場面でおなかが痛くなるかもしれないなんて思ったら
余計ストレスですから

無意識下で
ちょっとでも長女のストレスになるような要因があるならば
試してみたいし
試す価値があるのではないかと。。。


そして
以前の記事にも繰り返し書いておりますが
『心因』となるものに
気付いてあげたい。。。



腹痛、発表会終了後☆良くなってる気配だったのです






それが再燃。。。





長女はここのところ
卒園式の練習の話をよくし
卒園式の歌をよく歌い
卒園証書授与の練習をします。

今度はこれかな・・・ストレスは





そんなこんなで
新しい生活にはとっても不安が大きいので

明日は息子の療育などでもお世話になっている
先生に診察&ご相談してきたいと思います。



で、まさかの逆転ですが
長男もついで!!??で
入学前の感じを診て頂きにいこうと思います。


明日の夜は少しは心が晴れますように☆






ちなみに
以前の記事に書きました
ADHDが何かすらわかっていなかった
わが夫


これだけは読んでと
必死の思いで渡したこの本
(私の中ではバイブルです)





これを3日かかって
10ページ読みました


私もとっても心を変えて頂いた下りですが

『障害』と『特徴・個性』との違い・区別・境に関する内容で
かなり衝撃的に
今までの自分の感性に全くもってなかった
気付きを頂いた様です。


「これだけここを理解したんやから、もう後は読まなくていい?」

そんなわけないでしょ〜



まだまだ心の春は遠いです
発達検査など comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fuwarifunwari.jugem.jp/trackback/145
<< NEW | TOP | OLD>>