就学前の軽度発達障害をもつ子どもと、毎日過ごしています。見た目はADHD。診断はアスペルガー症候群・高機能自閉症。ボーダーに近いからこそのいろいろな日々を、きっといるであろう同じような思いを抱いている方と、話ができれば。。。きっと私のためにあなたのために子どもたちの未来のために^^
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
新たしい春への一歩
 

今日は朝から病院へ向かいました


行き先は
初めての病院


この地域では一番発達障害で有名な
そして定評のある先生

長男は
発達を指摘された3歳ごろから
市の発達相談で
この先生に診てもらっています。


なかなかの人気ぶりで
直接相談にのってもらったり
検査してもらうには
数か月の予約待ち


それがなかなか待てなくて
(困ったときはすぐ相談したくて)
違う医療機関や
療育機関を利用することが
多かったのです


が、しかし
療育も全て終わったり打ち切ってしまって約半年。

やっぱりどこか継続的にみてくださる所をと
悩みながら
今まで来てしまいました。


最近の記事に書いておりますように
長女の『おなかいた』も気になっておりました。

発達が問題かはわからないけれど
心の問題であることと思い

やはり児童心理学・心療内科を掲げておられるのは
そこしかないので

卒園間近でも今なら行ける

そう急きょ判断して

どちらかといえばついでで長男も
環境が変わる前の落ち着いている状態から
つなげていこうと

行って参りました。







午前中は普通の小児科なので
初診で待つこと・・・
約2時間半




問診票には
長女の性格特性を
『良く言えば感情豊かですが、喜怒哀楽が激しい』と書きました。
発達相談用の、困っている特徴のチェック項目では
長男は9割あてはまるようなADHDぽい所が
長女は1割あてはまるかな・・・
そんな感じで逆にびっくりしました。

あと、長女が得意なことを書く項目があったのですが・・・
思いつかない自分にびっくりしました。

どうしてでしょうね


(長男は絵が得意です)

困ったあげく
『何でも難なくこなすタイプです』
と書きました



そして気になることなどを
問診票の裏に
つらつら書きまして

待ちました。




担当の保健師さんも
市の療育教室などで面識がある方で
そう緊張もなく

とりあえず
最近の一番の課題
長女の腹痛への対応について聞きました。


何かが原因なら取り除いてあげたいと、
私が言いました。

そうしましたら
先生は、
『この子は何かのストレスがあるような子ではなくて
我慢したりうちに秘めたりするような思いがあるような感じではないのでは?』

といったような事を言われました。


私ははっとしました。


『ストレスが何かにあるのではなく
訴えも特に何かがあるわけではないのなら
いろんな思いを全て外へ放つタイプなので
ストレスは残らないのではないでしょうか・・・』
というような話を先生はされました。


ほんとです。

そういうことか〜と

納得しました。


腹痛などで園へ行きたくないという訴えなどは
受け入れてはいけない。

そこは冷静にたんたんとして
普通にすすめて
遅れてでも必ず登園させるのが良いと

教えて頂きました。



それでも
対応に不安が残る私><

『でも普通の風邪などの病気の時に、いつもと同じと見逃してしまうことがあるんです><』
とあらためて相談しました。


そうしましたら
『登園するか、それとも病院に行くか、くらいのことでいいんですよ』と。


なるほど・・・


それをきちんと対応していないと
『小学生くらいになったら大変ですよ』と。







そっかぁ・・・




謎はかなり晴れました





ただ
どうして長女が
『何でも外へ表現してしまうタイプなのか』
という事は言われませんでした。
私も
聞けませんでした。


その変わり
今からだと6月になりますが

「兄弟別々に
次回〜相談(カウンセリングなど)を
入れておいていいですね。」


とおっしゃいました。

私も当然二つ返事をしましたが


それって
どういうことかな・・・?




この先生の場合
千里眼のような雰囲気があります。

長男の時もそうでしたが
親の悩みとかはそこそこ
しずか〜に子どもの様子をみて
自分の中では
すぐわかられているような
子どもの特徴を見透かされているような
所があって




既に暗黙の了解というか
聞くに聞けない雰囲気があります。。。



次にすぐつなげて下さるというのは
新生活を始めるにあたって
先が見えて大変ありがたいのですが

先生は長女の何をみて
何を悟られたのでしょうか・・・???




6月の予約では
長女☆初めての発達検査を受けることとなりました。

あきらかに長男とは違うタイプ
私の子どもの頃にそっくりな長女・・・

どんな結果が出るのでしょうか???????????


謎です




とりあえず今日聞いた対応は守って
入園後の生活を送っていきます


そんな関わりをもって頂くことを含めて
新しくうけもって頂く幼稚園の先生方にも
長女のことを説明していこうと思います。






今日は行けて良かった






ただただ、
今日は一般診察で保険がきいて無料でしたが

次回からは
二人それぞれかかると
諭吉さんが$¥一枚ひらひら飛んでいきます


うわさには聞いておりましたが
高い
高すぎる



覚悟して
お世話になります










明日は
長男の同級生の女の子・男の子
一人ずつお招きして
お泊まり会☆です^^


いつも長男が
『おとまりしにおいで』と
お誘いしてるので^^



いろいろお友達とトラブル起こして
辛かった時期もあったけど

そんなことも可能かと思える今日が幸せ



楽しくなりますように^^
入学前のよい思い出と
それぞれのよい経験となりますように


とりあえず
母は朝から大掃除です〜












発達検査など comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fuwarifunwari.jugem.jp/trackback/146
<< NEW | TOP | OLD>>