就学前の軽度発達障害をもつ子どもと、毎日過ごしています。見た目はADHD。診断はアスペルガー症候群・高機能自閉症。ボーダーに近いからこそのいろいろな日々を、きっといるであろう同じような思いを抱いている方と、話ができれば。。。きっと私のためにあなたのために子どもたちの未来のために^^
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
桜sakuraさくら
JUGEMテーマ:育児
 





週末☆と〜ってもよいお天気の二日間でしたね^^

新しい生活のスタートで
ちょっぴり心身ともにお疲れの二人のよい休息に☆

それぞれ土日お花見をして参りました^^



桜は
私にとってはそう素敵な花ではありません。実は。

結婚後毎年のように
当たり前のように義母主催のお花見に連れ出され

つわりで辛かった時も
育児で必死だった時も...

義務というか
結構しんどい作業でした。
準備などなどが。



それに加えて
毎年一緒に行っていた
ひーじーちゃんとひーばーちゃんの他界。



特に
一昨年のお花見の時
何だか様子がおかしかったひーじーちゃんが

桜が散る前に他界され

その時気付いてあげられなかったという思いが常にあって

はかなさを思うのです。。。



義母も今年は少し
『うきうき』しない様で

ちょっと頑張っていってきました。









1日目☆
子ども連れでのお花見をしました。

公園で遊ぶ子ども達・・・
そこにとっても衝撃的な事実が実はありました><



長男と
いつも遊んでくれる同級生のY君と
4年生の男の子たちで
野球が始まったわけです☆


長男とY君は
いつも野球をしたりするので
実力の差はあれど
それなりにいつも遊んでくれていました^^


しかしながら・・・
昨日は他にも上手な子が沢山いたので...

気付くと
長男は












・・・すねてうつむいておりました・・・












ファーストを守っているはずの長男でしたが
ルールもわからないし
ボールがきてもうまく対処できないし
わけわからんうんちくを言うので



すっかり邪魔ものになってしまったわけです><








子ども達同士のこと
足手まといに思う他の子ども達の思いもわかりますし

すぐに声をかけるわけでもなく

どうするか見ておりました。



約1時間
他の滑り台の遊具などの方へ行き

長男は一人で遊んでいるようにも見えますが

せっかく来た子どもの注目を欲しているのでしょう・・・><
『おっさん〜〜〜』などの
変な暴言。。。

みんな特におもしろくもないので
反れていきます。






そして
結局
首を大きくうなだれて
ブランコに揺られてるわけです。











最初
妹に、『おにいちゃんの様子見てきて』
と頼みました。


兄は
やっぱりうなだれたままで


どうもこうも落ちています。



あまりに見かねてそばに行くと
涙をいっぱいためています。



どうしたいか聞くと
やっぱり一緒に野球がしたいと言うので


『いっしょにもいっかいいれて』
と言ってあげよか

と言うと

『じぶんでいう』
と。。。







長男がもう一度
申し入れるとそこは素直な子ども達☆
『いいよ』
と簡単に言います☆


しかし・・・


『でもNくんいうこときかへんし、めちゃくちゃするもん』
と皆口をそろえて言うわけです。。。



ごもっとも><









でも
母はそこで引くわけにはいかないので
『ごめん、へたくそやけどがんばるから入れてあげてな〜』
とお願いします。



なのに
一回気分が↓下がってしまった長男は
うなだれたまま守るので
まったく野球にならないわけです><
で、集中砲火><












初めて
長男がとってもかわいそうに見えました。









不器用とか不憫とか
そんな言葉しか思いつきませんでしたし


とっても
悔しかった。









子ども同士では
結構傷つくような言葉も飛び交うし
それって、特に悪意があるわけでもなく
ただ、ストレートな表現をしてしまう
ちょっと長所かもしれないところですが

こんなに傷つくというか
仲間外れというか

辛いことにつながるんだなって
今さらながら発見しました。







野球なんて
男の子の代名詞みたいなものなのに

長男はやっぱり苦手・・・
なんですよね。

野球は打たなきゃいけないし
守らなきゃいけないし
ルールも覚えなきゃいけない上に
長男の苦手とする
協調運動がとっても目立つスポーツだと思うのです。

すごくぎこちない動きをする
長男を見てたら
とっても辛くなりました。










結局
長男は、上手な子のお母さんに訴えて

そのお母さんも加えた野球で
ピッチャーやバッターなどもさせて頂いて

それなりに参加できたのですが・・・

はたしてそれでいいのかも疑問・・・;














スポーツって
やっぱり『実力勝負』ですから
弱かったら
弱いなりで仕方ないのかもしれません。


でも
経験はいいものも悪いものも次につながります。








私は
すごく辛い気持ちを抱えました。
申し訳ないけれど、私もとっても球技が苦手なので><



野球は苦手だけど
サッカーはそれなりにできるではないかとか
球技は苦手でも
走ることは結構好きじゃないかとか
スポーツはそう際立たなくても
絵が得意だからいいんじゃないかとか
協調運動が苦手だからといろいろ取り組んできた成果が
今他にもいろいろ出てるじゃないか




・・・いろんなことを考えました。













でも
私がとってもとっても悔しかった。



そんな風に
うなだれている長男の様子が目に焼き付いて。


上手じゃなくても
やっぱりある程度野球を楽しめるぐらいにはしてあげたいと。













夜眠れませんでした。














夜中にまず
野球の配置やルールを図にしたものを書き上げました。



今日
小さくなったグローブの代わりに
大きいサイズのものと
思う存分練習できるようボールを買い足しました。


(ついでに赤ちゃん用だったサッカーボールも新調しました)




夫にいつも練習をお願いするけれど
そうしてくれるわけではないので><

『ママへたくそやけど、一緒に上手になれるようにがんばろ』

と約束しました。




それとともに・・・
長男には
下手な子を排除してしまうような子どもには
なってほしくないなと
やっぱり心の中で別に目標にしました。






下手でもいい。
お友達とのコミュニケーションの一つになるようには
母は努力させてあげたい。




そう
強く思っています。





それが長男のアスペの特徴がある上での
人生の歩みの一つと
なってほしい。

スポーツはあなどれないと
実感しました。







2日目の今日は
家族でのお花見&バーベキュー☆
ちょうど居合わせた同級生のお友達と
野球もなく、自由に公園で遊んでいたので

その様子を
じっくり観察させて頂きました。

手洗い場の水の行方を探検したり・・・
結構楽しく遊んでいたし

昔のトラブル続きを考えると
ほんと成長を感じました^^




母は
お友達一人ひとりも大好きな子ども達なので

やっぱり仲良くみんなで育って欲しい☆




また
思いを新たにしつつ

母は
毎日キャッチボールしたいと思います。






幸せな一日 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fuwarifunwari.jugem.jp/trackback/153
<< NEW | TOP | OLD>>