就学前の軽度発達障害をもつ子どもと、毎日過ごしています。見た目はADHD。診断はアスペルガー症候群・高機能自閉症。ボーダーに近いからこそのいろいろな日々を、きっといるであろう同じような思いを抱いている方と、話ができれば。。。きっと私のためにあなたのために子どもたちの未来のために^^
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
NEW方向性
JUGEMテーマ:軽度発達障害児
 まいったまいった


・・・これが今週末の私の思いです


今日はさすがに8時に絵本を読みかけたら
2ページ目には既に二人とも寝ておりました・・・

そりゃよく遊んだもんね
疲れたはず。





毎年この時期になると
同じことで悩んでいる気もするのですが><

気候がよくなると
お外遊びが楽しくてたまらない☆

お友達と遊びたくて仕方ない☆

ここのところ
しょっちゅう町内のお友達の家をめぐってる二人。。。



妹君は
乗れるようになって楽しくて仕方ない自転車で
びゅんびゅん行っちゃうし

兄君は
ちょっと年上のお兄ちゃん達に
『ばとすぴ』だとか
『すーぱーまりおぶらざー』(って・・・ずがつくでしょ><)
を教わって
(1年生友達はまだ仮面ライダーWカードどまりだものね・・・)
もうそれはすごく楽しくて仕方がないらしい。。。

毎日のように行ってしまう。



お兄ちゃん達を慕ってくれるのは
とてもとてもありがたいこと☆で
約束をして帰ってくる分にはそれなりに
対応して送り出すのですが

それも毎日だったり
決まってずっと行ってしまうのはやっぱり考えもの><



最近とても多いので
代わりに電話などでママさんたちに伺ってから
遊んでもらうようにしてたのですが

だんだん拍車がかかりSTOPがかからなくなってきました。。。



この土日はいいお天気
家に閉じ込めるのはもったいないし
かわいそうなので
『おやすみはどこも忙しいし用事があるから行ってはいけないよ』
とくぎを何度も刺したのにぃ・・・


とことん行ってしまう。。。


なので、連れて出かけたりいろいろ試行錯誤はしているのですが
どんなに遊んでも
遊び足らない様子で

今朝も・・・
またもっと幼い子の家に行ってる・・・



たまりかねて
かなり久しぶりに
ADHDペアレントトレーニング方式!?
連れ戻して
廊下の片隅で頭を冷やさせました。

そこに来たから何があるというわけではないけれど
かなり恐怖を感じるのか
(普通に廊下です〜)
ぎゃんぎゃんわめいてました。

(15分ほど)ここにいなさい。
というだけの指示。。。

『あ〜しゅくだいするからぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜』
って
母はそんなことで反省させてるのではないのよ;



午前中それなりに過ごしてくれれば
掃除や片付けや仕事をそれなりに済ませて
公園にでも連れて行ってあげようと母も考えて動いているのに

唯一のお願い、他のおうちに行かないでが
守れない・・・
言ってるやん、来てもらえばって。。。




たまたま外に出ていた近所の子ども達と遊び
午後遊びに出る約束をして・・・

リクエストのカラオケに4人の子どもを連れていき

そのあと、まんまとはめられて
公園にもいき

帰ってからも家の周りで暴走族状態・・・


うちの子ども達も疲れよりも楽しさを優先させるので
こけてけがをするし
結局ぎりぎりまで遊び・・・



しかも
また違う子を誘いに行ってるし

とことん疲れました・・・心が。






子どもは遊びたいもの☆
遊んでこそ^^と思っています。

でも
日ごろの周りへの気遣いや
もちろん義父義母への遠慮や
いろいろな思いがありながら子ども達がのびのび遊べる
週末をと考えているのに・・・
あんまりにも不理解なわが子たちに
わがままばかりの子どもたちに

もう・・・限界><

来週からは
土曜も学童に行ってもらおうかな・・・
その方がいちいち干渉してがみがみ言わなくてすむし・・・
なんて
思っています><


こんなに努力しても
思いが届かず反抗ばかりされて

その上
また登園拒否&遅刻で
ややこしい平日を過ごすのですから・・・






今週は妹の発達相談
その次は兄の発達相談の予定があって

いろいろ考えているのですが

ね・・・


今まではどちらかといえば
それぞれの特徴を私がまず把握することが一番☆でしたが

これくらいの年齢になると
自分の特徴を自分で把握できるように
と、いうことを重視しなければならないのかな〜と思っています。


今日は
どっときたついでに^^;
沢山本を購入しました。
ADHDの子ども本人向けの本や
ソーシャルストーリーブックなるものなど。。。


いろいろアンテナ張り巡らせて母的には頑張っているつもり・・・ですが
もう、母の手には負えません〜〜〜って
迷った時に
誰が一体助けてくれるでしょう・・・・・・・・・・・・・・・・・?


結局誰も助けてくれないんですよね。
良くて話を聞いてくれて、気持ちを落ち着けてくれるだけ。


そうなれば・・・
やっぱり何を誰をおいても本人です。


やっぱり小学生にもなると
親の話なんて、ち〜っとも聞いてくれない。

一生懸命
いろいろ教える理由もひも解いて説明していたり
機会を見て、その都度
話し合うのですが・・・

自分の意思がどんどん大きくなってきているのを感じて
難しく感じることが増えています。

社会の中でも
どんどんどんどん世界が広まり人間関係も広まり
それを母が全部知るには難しくなっているという現実・・・

そのあたりもよくよく考えて






いきたいと思います。。。







こまったこと comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fuwarifunwari.jugem.jp/trackback/159
<< NEW | TOP | OLD>>