就学前の軽度発達障害をもつ子どもと、毎日過ごしています。見た目はADHD。診断はアスペルガー症候群・高機能自閉症。ボーダーに近いからこそのいろいろな日々を、きっといるであろう同じような思いを抱いている方と、話ができれば。。。きっと私のためにあなたのために子どもたちの未来のために^^
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
チャレンジします^^ソーシャルストーリー
JUGEMテーマ:育児
JUGEMテーマ:軽度発達障害児

最近ブログを書くような脳内環境に無くて・・・すみません><


時々他の方のブログを見て参考にしつつ
毎日少しずつ頑張っています。

先日には
長女の発達検査の結果と
長男の発達相談(担任の先生同伴)がありました。


内容的には
今まで漠然としてた困りごとや
入園入学後の悩みとか
そういうものをかなり頭の中でまとめたりしていたし


長男・長女それぞれの特徴☆というのが
私の中で割りと理解できていたんだ〜という自信(?)
トラブルを起こしても
予想範囲内のことであることから
その特徴に対して
どうしたらよいかという
更に前へ進みたいという気持ちが強くなっているので

担当医師との話も
かなり実のあるものになったと思います。


沢山、努力しても前へ進めなかった対応の難しさを感じるものについて
あらたな方法をアドバイスして頂けたので
とっても嬉しかった☆


担任の先生にもいろいろご迷惑はおかけしますが
前向きに、きちんと自閉圏の子どもへの対応を考えて下さってる姿勢に
いつも感謝しています。



長男は『ふつう』なのか『しょうがい』なのか・・・
と悩んでいた幼少期の頃の迷いや悩みも
ちょっぴり報われて
今まで悩んできて、良かったな〜
さて、これからが本番☆と思っています。


ちなみに長女・・・
K式の検査で自閉傾向は出ませんでした^^
でも、何か・・・何か・・・あるにはあるかもしれないと
私も思い、医師も思われるところはあるようで

特に自閉の有無がどうとか、障碍とかは関係なく
もう少し、性格や特徴を知るような他の検査をして頂けることになりました^^

この子はどんな子???
ただ、わがままな子?
育て方が悪かった???
どうすれば素直に???

そんな事はやっぱりプロに分析してもらうことにより
よい対応ができるのではないかな〜と思っています☆



先日、おおきくねまあるくね 


のゆるさんのブログより
『ゆずノート』というものに感銘☆感心して、まねっこさせて頂くことにしました^^
(この場をかりてお礼を・・・いつもとっても参考にさせて頂いております。。。)

このユズノートは

きみもきっとうまくいく―子どものためのADHDワークブック/キャスリーン ナドー

をトリミングしたりして本人にあうようにしてあるということで
早速同じ本をAmazonで購入してみました^^
同シリーズの アンガーマネジメント についての本や

支援に役立つ素材の本

そしてたまたまこういう本もありますと上がってきた
ソーシャルストーリーについての本に興味を持ち
そちらもあわせて購入いたしました^^
(久々に沢山買いました〜)


きみもきっとうまくいく☆は
呼んでみた所内容は◎ですが
文字の並んでいる感じや、漢字・文章的に
まだ長男には残念ながらちょっぴり難しいかな・・・と思って

また先で使うことにしました☆

そのかわり、眠る前の絵本を読む代わりに
ちょっぴり読みきかせをしてみたりしています・・・
(難しくてよい子守唄???)



ソーシャルストーリーを学習して
もっと本人にあうような文章を作る☆ことにしました^^


キャロルグレイ 編著
服巻智子 監訳/大阪自閉症研究会 編訳
定価 2100円(本体価格 2000円)
ISBN4-902244-37-3 C3037


もう一つ詳しい書き方のガイドラインの本も購入しましたが
あんまりにも難しく思うと導入しづらいので
この本の文例に沿って考えていこうと思っています^^


ソーシャルスキルについては
ソーシャルストーリーを担任の先生もちょっと知りたいとおっしゃって下さり
特別支援学級でソーシャルスキルを学ぶ時間に参加させて頂く方向にもなり
新たにトレーニングを病院にてして頂くことにもなり

心強い見方☆が増えました^^


できる事から一歩一歩頑張って
またつまずいたら相談して
また進めるように・・・

そんな感じをつかめたことが何より嬉しいこの春からの成果☆です。


子ども達と一緒に頑張りたいと思います。





発達への工夫 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fuwarifunwari.jugem.jp/trackback/160
<< NEW | TOP | OLD>>