就学前の軽度発達障害をもつ子どもと、毎日過ごしています。見た目はADHD。診断はアスペルガー症候群・高機能自閉症。ボーダーに近いからこそのいろいろな日々を、きっといるであろう同じような思いを抱いている方と、話ができれば。。。きっと私のためにあなたのために子どもたちの未来のために^^
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ねこはしる
評価:
工藤 直子
童話屋
¥ 1,313
(1989-03)
JUGEMテーマ:軽度発達障害児


JUGEMテーマ:育児


さきほどの記事に付随して
そのサークルからのアンケートがきていまして

沢山の劇作品の中から
見たいものを記入してね^^ということだったので
一生懸命見てみました。

どれも見せたい〜
なんてことは無理ですので

幼児〜高学年向きくらいでと思って
パントマイムや音遊び的なものもいいなと思うのですが、

これが一番気にかかりました^^
『ねこはしる』

名作だけあって、他のものに比べて
1作品を、あちこちの劇団などがされています。

おおまかなストーリーは
 主人公のランは小さな黒い毛の猫です。何をしても、のろまでドジ。でも気持ちは優しくて、いつしか池の魚と仲よしになり、二人の心は寄りそうようになります。

 ところがある日、魚は他の猫に見つかり、魚とり競争が始まることになりました。魚はランに頼みます。「きみに食べられたいんだ。きみに食べられて、ぼくときみは、新しいいのちになるんだ!」

 ランは悩んだ末にうなずきます。ランは渾身の力をふりしぼって魚におどりかかり、そして・・・・・・



とっても難しいお話で
大人にだって考えさせられるけれど、

きっと幼い頃に感じた何かは
いいものを残してくれるのではないかな。。。
なんて。

実現しなくてもいいけれど
実現するといいなぁ☆

私達も、子どもの頃学校などに来る
演劇などをそういえば見る機会を与えてもらっていたけれど、

心に残っている作品も・・・

そういう思い、子どもももってくれるといいなぁ^^



書籍など comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
子育てブログ 自閉症児育児に参加しています^^
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://fuwarifunwari.jugem.jp/trackback/99
<< NEW | TOP | OLD>>